誰でもできる脱毛がある

>

カウンセリングを受けよう

病院に通っている人

基本的にお肌がデリケートな人でも、脱毛サロンを利用できます。
しかし病院に通っていて、塗り薬を処方されている時は脱毛ができないと覚えておきましょう。
薬を塗っている部分にライトを当てることで、薬の成分が変わってしまうことを防ぐためです。
その場合は病院での治療を優先し、終わってから脱毛を開始しましょう。

しかし肌の状態によっては、薬を塗っていない状態でも脱毛サロンを利用できないと言われることがあります。
自分で判断するのは難しいので、通っている病院の医師にサロンで脱毛して良いのか聞きましょう。
勝手に判断すると、肌トラブルが悪化する恐れがあります。
傷跡が治らなくなるケースもあるので、必ず医師から了承を得てください。

気になることを聞いておく

皮膚に異常が起こっている時や、肌が極端に弱い人は脱毛サロンを利用できない可能性があります。
心配な人は、カウンセリングの時に詳しく話を聞きましょう。
ケガをしているなら、その部分をスタッフに見せてください。
するとスタッフが判断してくれますし、大丈夫だと言われたら次回から脱毛を始められます。

ちなみにニキビができている時は、シールで隠してライトが当たらないように工夫します。
ですからニキビができても、脱毛サロンは利用できるので安心してください。
また脱毛は、1回の施術だけでは終わりません。
場所や毛の生え具合によりますが、数か月から1年ほどの時間が掛かります。
途中でサロン通いをやめたら効果を得られないので、きちんとスケジュールを管理しましょう。


TOPへ戻る